2024年版!ブライトリングのリセールバリューは悪い?結論と高値で売却する方法

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

ブライトリングのリセールが悪いってホント?

高く売るには何をしたらいいの?

高級時計ブランドとして人気のブライトリング。

ナビタイマーをはじめとするアイコニックなデザインが特徴のブライトリングは、世の男性があこがれるブランドとして人気です。

しかし、一部で「ブライトリングのリセールは悪い」といった情報が散見されますが、本当なのでしょうか。

今後ブライトリングの売却を考えている人にとっては、気になる情報ですよね。

今回は、ブライトリングのリセールバリューは悪いのかの結論と高値で売却する方法を詳しく解説します。

結論を先に伝えると…

ブライトリングの換金率は30%~50%ほど。

ロレックスと比べるとリセールバリューは落ちますが、高級時計のなかでは一般的と言えます。

昨今の物価上昇や円安もあり、海外でも人気のブランドは今のうちに売却するのがいいでしょう。

少しでも高く売りたいなら複数社による一括査定サイトがおすすめですよ。

理由は査定での競争原理が働き、高値で売却しやすいからです。

一括査定サイトはいくつかありますが、おすすめはテレビなどで紹介されている「時計査定の窓口」です。

時計査定の窓口は無料査定&一括査定による高価買取で、利用者数100慢人を超える宅配買取サービスです。

  • 500超えの加盟店で高価買取が実現しやすい
  • 24時間365日で無料査定
  • 査定額が気に入らなければ断ってOK!キャンセル料一切なし

あなたが思っている以上の金額で、ブライトリングを買い取ってもらえるかもしれません。

無料査定入力は30秒で済むので、まずは査定金額をチェックしてみてはいかがでしょうか。

時計査定の窓口を詳しく見る

目次 非表示

【結論]ブライトリングのリセールバリューは悪い?

結論から言うと、ブライトリングはロレックスやオメガに比べると人気が劣るため、ややリセールバリューが悪くなります。

モデルによっては人気が高く、一般的な腕時計ブラントと買取相場は同じぐらいなので、決してリセールバリューが悪いというわけではありません。

希少性の高いモデルはあまり買取市場に流通していないので、プレミア価格が付く場合もあります。

ブライトリングの主要な9モデルのリセールバリューを下記に紹介します。

ナビタイマーのリセールバリュー

まずはナビタイマーのリセールバリューです。

ナビタイマーは1952年にパイロット向けに開発されており、時間を計測できるクロノグラフ、航空計算尺がついているのが特徴です。

ナビタイマーの資産価値は平均ぐらいなので、ブライトリング全体ではリセールは悪いかもしれないですが、現行モデルに比べると廃盤モデルのほうが買取金額が高くなります。

ナビタイマーの換金率30~35%

クロノマットのリセールバリュー

次にクロノマットのリセールバリューは以下の通りです。

クロノマットの換金率33%~35%

ブライトリングのクロノマットは、定着した人気があるため、一般的には定価の30%から40%前後で買取されており、リセールバリューは悪くありません。

スーパーオーシャンのリセールバリュー

ブライトリングのスーパーオーシャンは、プロのダイバー向けに作られているため、傷がつきにくく防水性に優れています。

豊富なカラーバリエーションが揃っており、ブライトリングの中では人気が高いです。

スーパーオーシャンの換金率40%~47%

新品や新古品などはモデルによっても差がありますが、買取相場は20万円から40万円となっています。

ブライトリングのスーパーオーシャンは、購入方法、モデルによっても買取金額、買取率が違ってくることが多いですね。

廃盤モデルや希少性の高いモデル、並行輸入品などはリセールは良いと言えるでしょう。

まずは査定をしてもらうと、大体の相場がわかります。

アべンジャーのリセールバリュー

ブライトリングのアベンジャーは、高級感のあるデザインが特徴で精度、機能、強度を兼ね備えた人気のが高い商品です。

一部には愛好家が多く、高級感があるけど日常使いしやすいので、リセールバリューも悪くはないです。

モデルによっても多少は買取金額は違ってきますが、中古品20万円から30万円前後の値段が付くことが多くなります。

新品で状態の良い商品、希少性の高いモデルは48万円から50万円前後です。

アベンジャーの時計の針は暗闇でも光るので、夜間でも使用できるので実用性に優れています。

中古品や平行輸入品はリセールバリューが良く、正規品に比べると査定額が上がることが多いですね。

中古品の場合は保証書や付属品の有無によっても、査定額が違ってくることがあります。

希少性の高いモデル、人気モデルなどはリセールバリューは良いですね。

トランスオーシャンのリセールバリュー

ブライトリングのトランスオーシャンは、1958年に発表したスポーツモデルで空の旅をイメージした腕時計です。

高級感のある洗練されたデザインが特徴になっており、スポーティーでかっこいいデザインなので、幅広い年代に人気があります。

ブライトリングのトランスオーシャンは、一部には愛好家が存在するので、リセールバリューは悪くはありません。

新品や新古品などの状態が良い商品、人気のモデルなどは買取相場は40万円から45万円前後です。

中古品の場合でもモデルによっても、多少の差はありますが、20万円から33万円前後の値段が付くことが多いですね。

不要になったら、なるべく早めに査定を依頼すると良いでしょう。

モンブラリンのリセールバリュー

ブライトリングのモンブラリンは、機能面、実用性などは現代風ですが、古き良き時代のレトロな雰囲気が魅力です。

1950年代から1960年代のレトロな雰囲気の腕時計を、現代風に復刻しているのがモンブラリンと言えますね。

モンブリランの換金率29%~37%

ブライトリングのモデルの中でも、一部には愛好家が存在するのでリセールバリューは決して悪くはありません。

ブライトリングの中では、リセールバリューは悪くはなく、中古買取金額の相場は30万円から35万円前後です。

人気の高いモデルや希少性の高いモデル、オーバーホールを定期的に行っており、良好な状態の腕時計は中古品でもリセールバリューが良くなることがあります。

コルトのリセールバリュー

ブライトリングのコルトは、1980年に発表されてから、定期的にモデルチェンジをしています。

コルトの換金率30%~45%

ブライトリングのコルトは、モデルや時計の状態によっても多少は違いますが、中古品は10万円から25万円前後の買取金額になることが多いです。

新品のきれいな状態の腕時計は、買取相場は25万円から30万円前後の値段が付くことがあります。

ベントレーのリセールバリュー

ブライトリングのベントレーは、ブライトリングとベントレーの契約が終わっているため、生産終了をしています。

ベントレーのセールスバリューはどれぐらいなのか、知りたい人が多いのではないでしょうか。

ベントレーの換金率40%~65%

買取相場は22万円から47万円となっています。

希少性が高く入手が困難なモデルは、プレミア価格が付くことがありますよ。

ブライトリングのベントレーは、今後は消費者が増えると予想されており、セールスバリューが高くなると予想されています。

プレミエのリセールバリュー

ブライトリングのプレミエは、1934年に発表されており、2つのプッシュボタンがついているのが特徴のクロノグラフです。

プレミエのリセールバリューは、どれぐらいなのか知りたい人が多いのではないでしょうか。

プレミエの換金率30%~45%

買取相場は25万円から140万円前後と高くなっており、入手困難なモデルは高値が付くことが多いですね。

ブライトリングの中では希少性が高く、モデルによってはプレミア価格が付くことがあります。

ブライトリングのプレミエは市場にあまり出回っておらず、消費者が希望している人気のモデルなのリセールバリューが高くなる傾向がありますね。

かんたん30秒で無料査定

査定額が気に入らなければキャンセルOK!

ブライトリングのリセールバリューが悪い5つの原因

ブライトリングのリセールバリューが悪くなる原因には、5つ理由があります。

それではリセールバリューが悪くなる理由を紹介します。

需給バランスの変動による影響

ブライトリングのセールスバリューが悪くなる原因には、需給バランスの変動による影響が要因のひとつです。

買取市場で多く商品が出回ってくると、希少性が下がってしまい、全体の価格が下がってしまうことがあります。

それ以外の要因には正規品よりも、価格の安い並行輸入品が多く出回ってくると全体の価格水準が下がってしまうため、セールスバリューが悪くなることがあります。

ロレックスやオメガへの人気が集中している

ブライトリングのセールスバリューが悪くなる原因には、高級腕時計のオメガやロレックスのほうが人気が高いという点です。

ロレックスやオメガは高級時計の中でも特に人気が高く、リセールバリューがいいのが魅力ですね。

ブライトリングは耐久性、防水性に優れていますが、やや厚みがあり、独自のデザインなので好みがわかれることがあります。

ブライトリングはオメガ、ロレックスに比べると、ブランドイメージやデザインの特徴などでやや人気が劣るため、セールスバリューが悪くなる理由です。

オーバーホールなどのメンテナンス費用が高い

ブライトリングは高級腕時計なので、なるべくきれいな状態を維持して長持ちさせたい人がほとんどです。

正規店で購入するとオーバーホールの料金は安くなりますが、それ以外のお店で購入するとメンテナンス費用かかる場合があります。

オーバーホールは時計を分解、洗浄、油さしなどを行う必要があるため、ブライトリングは他の高級腕時計に比べるとオーバーホールの料金が高めです。

中古品を購入したい消費者が多く存在しますが、ブライトリングはオーバーホールの料金が高いイメージがあり、維持するために定期的な出費が必要なのでやめてしまうことがあります。

セールスバリューが悪くなる要因には、オーバーホールなどのメンテナンス費用が高いという点です。

ブライトリングの場合は4年から5年に1回はオーバーホールが必要になります

モデルチェンジによる旧モデルの価値下落

ブライトリングはスイスの高級ブランドですが、消費者を増やすために定期的にモデルチェンジを行っていますね。

ブライトリングのセールスバリューが悪くなる原因には、モデルチェンジによる旧モデルの価値下落があります。

モデルチェンジをすると旧モデルに比べると、デザイン性、耐久性、機能面でも改善されていることが多く、購入を検討している消費者が増えてきます。

モデルチェンジをすると旧モデルの人気が落ちてしまい、重要が減ってしまうため、資産価値が下がることがセールスバリューが悪くなる原因です。

モデルチェンジをした新作は高級感があり、最先端の洗練されたデザインなので、消費者の人気が高くなります。

旧モデルに興味関心が乏しくなり、需要が減るので買取金額が下がりやすいです。

評判や口コミによるリセール価値への影響

ブライトリングはスイスの高級ブランドで、パイロット向けに作られているため、機能性、デザイン性、防水性、正確さなどには定評があります。

ブライトリングのイメージや口コミなどが原因で、セールスバリューが悪くなることが少なくありません。

ロレックスやオメガに比べると、パイロット向けの商品なので独特のデザインで厚みがあるため、好き嫌いが分かれてしまうことがよくあります。

一部にはブライトリングはダサい、腕に装着しにくいなどの悪い口コミ、ブランドイメージなどが原因で消費者が減ってしまうことが多いです。

ブライトリングの商品イメージ、一部の悪い口コミなどが原因で買取金額が下がってしまい、需要が減ってしまうことがあります。

悪くなる前に!ブライトリングをつけれるサービス

ブライトリングの購入を考えている人も多いでしょう。

ですが先にも紹介したとおり、ロレックスやオメガと比べるとリセールが悪いため、資産性を重視するならば購入には大きな決断が必要です。

ですが悪いリセールを気にせずブライトリングを気軽につけれるサービスがあるのをご存じでしょうか。

それが高級時計のサブスクです。

月々定額でつけれるサービスであり、オーバーホールといったメンテナンス費用も不要なので憧れの時計を気軽に試せます。

そのため、ブライトリングのリセールバリューを気にせずに、高級時計のある生活を楽しめるメリットがありますよ。

高級時計のサブスクの中でも、圧倒的な人気を誇る「カリトケ」がおすすめです。

出展:カリトケ

カリトケはブライトリングはもちろん、ロレックスやオメガなど幅広い高級時計を毎月定額で楽しめるサブスクサービスです。

カリトケを利用するメリット
  • 50ブランド1,300種類のラインナップで気になる時計がきっと見つかる!
  • 2か月半額キャンペーンでお得にレンタル
  • 往復の送料が無料で余計な料金がかからない
  • 普段使いのキズは弁償の必要なし
  • 会員数6万人!みんなが選ぶ安心サービス

1本は欲しいけどなかなか手が出せない高級時計、そんな憧れの時計を気軽に試せるサービスです。

購入前のお試しにピッタリのサブスクなので、後悔しないお買い物をしたいのでしたらぜひチェックしてみてください。

ブライトリングを1か月単位でレンタルOK

契約縛りなし。いつでも解約できる

ブライトリングの売却時にリセールバリューを高くする対策3選

ブライトリングを売却する時に、リセールバリューを高くする対策を3選紹介します。

腕時計が壊れていても、オーバーホールなどの修理をせずに査定に出す、付替えで別途買ったベルトも査定に出す、布巾で手ねいに磨いてから査定に出すことで、買取金額が上がりやすいです。

ブライトリングは状態が悪くても、値段が付く可能性がありますし、汚れや傷などが少なくきれいな状態の腕時計、別途で購入した正規品の付属品があればリセールバリューを高くすることができますよ。

壊れていてもオーバーホールせず査定に出す

自宅に故障したブライトリングがあるけれど、オーバーホールをしないほうが良い理由を知っておくことが大事です。

時計が壊れている場合は、オーバーホールに費用が掛かってしまうため、時計本体の金額よりも修理費用のほうが高くなることがあります。

ブライトリングの買取金額を高くするためには、壊れていてもオーバーホールはしないほうが良いでしょう。

費用が掛かる以外に理由には、年式が古いモデルの場合はオーバーホールをすることで、ブライトリングの正規品以外の部品が使われることがあります。

部品が入手できない場合はやむおえず、他の部品で対応しますが、別の部品になってしまうとコレクターの評価が下がってしまい、消費者が減ってしまうことが多いです。

査定額が下がる要因になるので、オーバーホールはしないことをおすすめします。

付替えで別途買ったベルトも査定に出す

ブライトリングの買取金額を上げるためには、いくつかのポイントがあります。

その1つには付替えで別途買ったベルトも査定に出すことで、ブライトリングの付属品であれば査定額が上がることがあるからです。

ブライトリングを買取に出す前に、付替えで別途に買ったベルトも同時に査定に出すことで、買取金額が高くなることがあります。

中古買取市場に出す前に、購入時についていた付属品などを用意しておきましょう。

ブライトリングのリセールバリューは、モデルによっては高くなることがあります。

付替えで別途買ったベルトも忘れずに準備をして、査定をしてもらうことが大事です。

購入した時の箱は付属品、取扱い説明書、保証書なども忘れずに準備しましょう。

布巾で丁寧に磨いてから査定に出す

ブライトリングの買取金額を上げるためには、腕時計をきれいにしておくことが大事です。

毎日使用している腕時計は、汗や皮脂などで汚れやすいため、柔らかい布巾を使って丁寧に細部まで磨いておきましょう。

通勤やプライベートで使用している人が多いですが、使用した後は柔らかい布巾で汚れを取る習慣をつけることできれいな状態を保つことができますよ。

ブライトリングは傷や汚れがあると、買取専門業者の鑑定士の印象が悪くなり、査定額が下がる原因になってしまいます。

傷や汚れが少なくきれいな状態のブライトリングは、年式が古くても査定額が上がることが多いです。

新モデルが発表される前に査定に出す方が多いですが、なるべくきれいしておきましょう。

リセールが悪いと叫ばれるブライトリングのよくある質問

ブライトリングのリセールが悪いという質問には、よくある3つがあります。

ブライトリングとオメガはどちらがリセールが悪いのか、ブライトリングを付けているのはどんな人なのか、価格が高騰したブライトリングのモデルはあるのかなどがあります。

それでは下記にその理由を記載致します。

ブライトリングとオメガはどちらがリセールが悪い

オメガはロレックスと並んで、代表的な腕時計なのでシンプルで洗練されたデザインが特徴です。


ビジネスシーンでスーツを着用している時、プライベートでカジュアルな服装をしている時などシーンを問わず、使いやすいため買取相場が高くリセールバリューは高い傾向があります。

ブライトリングは定着した人気がありますが、独特のデザインがダサいと感じる人がいたり、厚みがあるので腕の装着しにくいという人が一部には存在します。


良くない口コミやレビューなどの影響で、オメガに比べるとリセールバリューが悪くなることが多いです。


ブライトリングも人気の高い商品、希少性の高い商品は根強い人気があるため、高値が付くことがあります。


他の高級腕時計と比較しても、ブライトリングの買取相場が低いというわけではありません。

ブライトリングをつけているのはどんな人?

ブライトリングはパイロット向けに作られた高級腕時計なので、男らしくてかっこいいデザインが特徴です。

ブライトリングは独創的なデザインで高級感があるため、著名人の間でも人気があります。

ブライトリングを好んでつけている人は、海外などで仕事をしている人、語学や文化を学ぶために留学をしている人などがあります。

防水性、耐久性に優れた腕時計なので、釣りやキャンプ、ダイビングなどのアウトドアが趣味な人にも人気が高いです。

ブライトリングは厚みがあり、ミリタリー調の洗練されたデザインが特徴なので、男性だけでなく女性にも人気があります。

文字盤が見やすく秒針が暗闇でも光る商品もあるため、夜勤などをしている人も購入することが多いですね。

価格高騰したブライトリングのモデルはある?

ブライトリングで、価格が高騰したモデルを知りたい人が多いのではないでしょうか。

2024年は原材料の高騰、円安などの影響で価格が高騰したブライトリングのモデルがあります。

クロノマット、ナビタイマーのクロノグラフ、スーパーオーシャンなどは、希少性の高いモデルは価格が高騰しているのでセールスバリューが高いですね。

プレミエは1934年に発表されたモデルですが、中古腕時計販売市場ではあまり流通しておらず、価格が高騰しており、プレミア価格が付いた商品もあります。

ブライトバリューはリセールバリューが悪い印象がありますが、希少性の高いモデル、人気の高いモデルなどは価格が高騰して入手が難しくなったことがありました。

あまり流通していないモデルを所有している人は、査定をしてもらうと高値が付くことがありますよ。

まとめ:ブライトリングのリセールバリューは悪いのかの結論とその原因

ブライトリングは、リセールバリューが悪いのかと言われている理由には、オメガやロレックスに比べると人気がやや劣るからです。

デザインに独自性があるため、好き嫌いが分かれることがあり、オーバーホールなどのメンテナンスに費用が掛かるという理由もあります。

ブライトリングは、リセールバリューは決して悪くはなく、一般的な高級腕時計プラントと同じぐらいです。

ブライトリングのモデル、時計の状態によってもセールスバリューは変わることがあります。

中古販売市場で査定額を高くするためには、時計をきれいに保つ、壊れている腕時計はオーバーホールしないなどがあります。

いくつかのポイントを知っておくことで、リセールバリューが良くなります。

高級腕時計は良好な状態を維持するために、定期的なオーバーホールが必要ですが、メンテナンスをきちんとしていない中古品は需要が減ってしまい、買取が下がりやすいです。

リセールバリューを高くするコツを知っておきましょう。

ブライトリングを高く売るならここ!

時計査定の窓口

最短30秒!最大10社一括査定で高く売れる
加盟店数は500超え、業界ダントツ
テレビなど多数メディアに紹介され安心!

時計査定の窓口を詳しく見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA